2012年04月20日

地域のもぞもぞ〜高松の新名所「丸亀町グリーン」〜

銀行で用事を済ませ、今度は商店街方面へと進路をとる。理由は4月19日オープン(開業済み)の「丸亀町グリーン」の様子を見るためだった。9日の時点ですでに外装は完成している様子で、残りは店内用品や商品を搬入、レイアウトするだけとなっていた。

建物は商店が軒を連ねる部分と、ホテルやマンションなどの部分に分かれるが、それらは一体的に建設されている。その大部分にガラスを多用しており、とても開放的なイメージとなっている。
P1030847.JPG

商店部分には、香川初出店の「タワーレコード」などが出店し、マンションと一体の「西館」と
P1030846.JPG

まだ未開業のスペース(第2弾)がまだまだ多く、またホテルが入っている「東館」がある。
P1030845.JPG

東西の館は通りを挟んでおり、アーケードを兼ねていることも特徴的である。ここから、北に向かえば「丸亀町参番館」、「丸亀町壱番街」などと連なっており、高松の商店街を構成する核の部分として大きく成長した通りとなっている。



posted by hiroroじゃけぇ at 14:47| 岡山 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のもぞもぞ 〜備讃に迫る!!〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

地域のもぞもぞ〜高松駅から中央通りを南下 その2〜

中央通りに着き、交差点を渡ると「高松高等・地方裁判所」がある。ここが、四国地方の司法の中心であり、「高松市が四国の中心」とされる一つの理由である国の機関である。といっても、人口においては松山市には及ばず、国の出先機関も一部は松山(広島・岡山に置き、中四国とまとめられている機関も存在する)にあるので、この点では的確とは言いがたい。とはいえ、四国の交通(特に鉄道)においては四国の中心であることは明らかではある。
P1030841.JPG

裁判所は四国の四方の中心としては、さほど大きいものではない。その為、存在感は周囲のビルとの関係で希薄である。ただ、裁判所前の桜の木は満開で、存在感はたっぷりであった(9日時点で)
P1030843.JPG

裁判所付近から北側に向くと、高松桟橋方面となる。琴電の築港駅もこちらにあり、裁判所の北東には琴電本線が通っている。
P1030842.JPG

裁判所から南に向かうと、「兵庫町商店街」と交差する。この商店街にはアーケードがあるが、勿論この「通り」に阻まれて、東西のアーケードは繋がっていない。
P1030844.JPG

この辺りから高松の広大な商店街群が広がっているのであるが、「中央通り」にはその影はない。この通りは金融街やオフィス街といった感があり、高松のメインストリートでもある。目差す、三菱東京UFJ銀行もこの通りにある。
ちなみに、この中央通りは国道30号を名乗るが、この国道の基点は岡山市であり、玉野市の宇野港〜高松港は海上国道となっている道である。四国と本州の連絡にはこの道の存在なしでは語れないのである。



posted by hiroroじゃけぇ at 17:54| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のもぞもぞ 〜備讃に迫る!!〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

地域のもぞもぞ〜高松駅から中央通りを南下 その1〜

金蔵寺駅から各駅停車とマリンライナーを乗り継いで高松駅にやってきた。
ここからは、高松駅から南下していく。用事は三菱東京UFJ銀行であり、岡山支店に行くよりも高松支店の方が早そうだたと思ったからである。

高松駅から南下といっても「中央通り」に直接出られるわけではない。これが、JRと琴電の乗り継ぎを不便にしている所以である。琴電築港駅は中央通り東側に位置している。そこで、JR高松駅南側に乗り入れる計画が存在したのである。現在は、琴電線の高架化が凍結されているので、高松総合駅?が建設される予定はない。P1030837.JPG

この空き地から駅前の県道を南下すると「瀬戸大橋通り」と交差する。南西の角には「高松北署」があり、このまま南下すると、兵庫町商店街に辿り着く。
P1030838.JPG

しかしながら、ここで東に折れて「中央通り」を目差す。
P1030839.JPG

ここから「中央通り」まではすぐである。


posted by hiroroじゃけぇ at 22:58| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のもぞもぞ 〜備讃に迫る!!〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。