2012年07月05日

林原跡地にコンベンション施設はNO

イオンは、岡山駅近くに広がる林原の跡地に「コンベンション施設」の建設はムリとの見解を表明した。
この「コンベンション施設」は岡山市が整備しようと決めていたもの。イオンの表明を受けて岡山市は、他の土地は考えていないと公表した。但し、イオン側は多目的ホールの設置は考慮しているとしている。

この「コンベンション施設」については、岡山駅西口にある「岡山コンベンションセンター」との兼ね合いが以前から懸念されており、採算性についても不透明であったことも確かである。そもそも、企業の更正を目的とした競売で民間が公正な場で競り落とした土地に、自治体である岡山市が介入することは言語道断である。公的な施設を建設するのなら、もっとしっかりとした都市計画を練っていなくてはならなかったはずで、とてもでないけれどもほめられたことではないといえよう。

posted by hiroroじゃけぇ at 23:22| 岡山 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市圏トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

岡山〜鳥取のツアーバスを試験運行へ

「鳥取・岡山広域観光協議会」が「JR岡山駅〜岡山空港〜鳥取空港」と結ぶツアーバスを運行することを決めた。今後、岡山県内のバス会社に打診し運行を開始する予定。計画では2ヶ月間、1日1往復運行する。ルート上には温泉地が連なっており、公共交通でのアクセスが乏しい地域に観光客を誘導するのが狙いだ。また、JR岡山駅と岡山・鳥取各空港間を結ぶことで、九州地方からの客や空路での入り込みに対してのアクセス改善も見込まれている。
posted by hiroroじゃけぇ at 22:26| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市圏トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

四国電力管内でも「計画停電」実施か

夏場のピーク時電力に余力がほとんどない「四電」(四国電力)
関西、九州、北海道の余力がない3電力と同様に、「計画停電」が実施される可能性が浮上した。
元々、試算では「0.3%」しか余力がないが、現在運用中の火力発電所の故障停止などを考慮すると
「計画停電」が必要となる可能性があるという。
また、大幅な電力不足となる「関西電力」管内への融通も念頭におかれており、それに伴って節電目標も高めに設定される予定だ。

一方で、岡山、備後地区の「中国電力」管内は余力が十分にあることから、企業によっては「中電」管内へ生産を移管する計画もあがっており、「5%」の節電目標の達成には疑問符がつきそうだ。
posted by hiroroじゃけぇ at 21:45| 岡山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 都市圏トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。