2016年07月25日

あなたの街へ「こんにちは」〜名古屋駅から丸の内駅までの記録(後編)〜

「国際センター駅」からも更に東進していく。
すると堀川に架かる「桜橋」に到着する。
P1050922.JPG
勿論名古屋だけあって、橋を含めて「桜通」は広い道路だ。
P1050921.JPG
で、この「桜橋」
実は通名の由来になっているわけではないらしい。
「桜通」は「桜天神社」だそうで、通りが整備されるまでこの橋はなかったんだとか。
うぅ〜ん、なんか意外な感じです。

桜橋から更に東に進むと「日銀前交差点」に着く。
「日銀前」というだけあり、日銀名古屋支店があるのだが、その外観を撮影し忘れるという失態。
表の表札看板?のみ撮っていたようなので、画像は省略。

交差点上に架かる歩道橋からは大きな道路の状況が掴める。
東側から折れる形で南に向かうのが「国道19号」であり、
P1050923.JPG
逆に北に向かっているのが「国道22号」となる。
P1050924.JPG
やはり、名古屋だけあって道幅に余裕がある。

しかし、この交差点の地下にある「丸の内駅」の入り口は分かり辛い。
正確には「桜通線」は交差点の東に、「鶴舞線」は交差点の北にホームがあり、
その間を通路で結んでいるのだが、どちらの入り口も交差点から離れている。
P1050926.JPG
やっと見つけた入口から中に入ると、長い階段が・・・。
どうやら、この駅が名古屋地下鉄の最深であるとのことで、
その中でも「桜通線」ホームが最深であるそう。
名古屋駅から歩けばわかるが、この駅に向かって上り坂であり、
更に鶴舞線をアンダーパスするので当然ではある。
にしても、深いはコレ。ホームは広くて余裕があるけど。

今回は尻切れトンボみたいになりましたが、これで終了です。
また、違う都市を歩いた時に新たな記事をアップしたいと思います。

posted by hiroroじゃけぇ at 21:52| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あなたの街へ「こんにちは」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック