2016年05月24日

新種の筐体

今日は、趣味の「クレーンゲーム」の練習。
イオンモール岡山のセガについに来たんです!!

UFO CATCHER 9

が。今までは「8second」が主流で、「8」と「7」(second)含むがボチボチの配置。
それが、「」ですよ。

これは、練習するしかないということで、練習してきました。
操作性は以前のヴァージョンに比べて上がっているものの、UFOの移動スピードが上がっていて、
かつ下方向の動きにブレがでるという難易度。
その上、クレーンの吊っている部分で回転方向を推測するのが難しいときた。

但し、今までよりも操作性は上がっているので、「8second」までで腕を上げた人なら、
5千円程度投資すれば、確実にコツはつかめるはず。

手元の液晶タッチパネルで、両替中の待機も可能で大きな改良がみられます。
あとは、各自で体験してみて下さい。
posted by hiroroじゃけぇ at 22:24| 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック